光の中へ出ていこう

自分が関心を持ったことの記録

酸っぱいものを食べると顔から汗が吹き出ます

f:id:silverado8228:20151107225423j:plain

 
もともと酸っぱいものが苦手で、食卓に出てきてもほとんど手をつけられない。
食べられない訳じゃないけど、自分から食べようとはあんまり思わないかも。
 
グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘系や、酢の物、おつけものなんかも正直あんまり得意じゃない。
 

 

食べると顔のエラの後ろから首にかけて、チューって痛くなるし、何よりも顔から汗が出る。
 
そう、顔から汗が出るんです。
 
幼い頃からずっとそう。はじめはそういう体質なんだろうな〜くらいにしか思ってなかったんですが、最近になってある程度歳とったせいか、これは病気の一種では?と思い始めてきて。

気になって調べてみた。

 

www.excite.co.jp

 
「食べて汗をかくのは“味覚性発汗”というもので、とても自然な反射作用です。辛いものや甘いもの、苦いものなどでも、汗をかく人はたくさんいます。ですので、体は基本的に問題ないですよ。食べ物を口に入れると、唾液が出ますよね。それと似た反射のイメージで、体質によって、食べたことで頭や顔などにある発汗神経が刺激されて、汗が出るようです」 
 
「味覚性発汗」というらしい。自然なことだし、治す必要もなし。だって。
 
一安心したけど、やっぱりどうにかしたい。女性だったらお化粧とか崩れるんじゃないのかしら?
 

ただどうしても気になるようでしたら、その刺激に慣れる、例えば酸っぱいものを頻繁に食べることで和らぐ場合もあります。効果がない場合もありますが

 

ということは、酸っぱいものを食べて食べて食べまくれば、そのうち身体が適応してくるのか。
 
ウチは家族にぼくも含めて酸っぱいものが苦手な人が多いから、かなり意識しないと食べる環境すら作るのは難しいかも。
 
あとハンドクリームを手に塗ったり、シアバターボディーミルクを保湿クリーム替わりに顔に塗ると、汗出ますよね。
 

 

え、ぼくだけですか。
 
 
 
広告を非表示にする