読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光の中へ出ていこう

自分が関心を持ったことの記録

禁煙にチャレンジしたけど自分の意志が弱すぎて失敗。それでも禁煙のコツが何となくわかってきたので成功するまで諦めません。

 

f:id:silverado8228:20150903001042j:plain

そう、禁煙始めたんです。そして1回失敗したんです。でもまた再開して今も挑戦中。

禁煙に挑戦して1週間。近況報告と禁煙始めて数日間たった今の心境などを残しておきたいと思います。

 

きっかけはこちらの記事

honeysuckle.hatenablog.jp

多くの人がこちらの記事を読んでいるようです。僕もその一人。
タバコ吸ってる人って一度は禁煙を考えるものです。
禁煙できたらお金もかからないし、吸う場所もわざわざ探さなくていいし、止めたらいいのはわかっているけどやめられないよな〜と思ったことのある人がほとんどなんじゃないでしょうか。

そんなことを考えている時に読んだんです。

今回始めて禁煙に挑戦していますけど、このサキさんの記事は、無理やり「止めろ!」と言われている感じが全くなく、ちょうどいいユルさで僕の中に浸透してきました。

なんとなくこれなら禁煙できるかも!と思わせてくれる何かを感じました。

 

さっそく挑戦〜36時間禁煙成功

まず準備から始めました。
重要なのはこの2つ。

たった一人だけに「たばこをやめる」宣言をします。


とりあえず24時間をなんとしてでも乗り越えましょう。


たった一人にやめる宣言をする。

僕の場合、会社の先輩に宣言しました。
女性の先輩社員さんです。口が堅く信頼できて、宣言するのにピッタリの方でした。

 

とりあえず24時間をなんとしてでも乗り越える。

コレが辛い。本当に辛い。
朝起きた時。通勤途中のコンビニ。仕事中バタバタした案件が落ち着いた時。お昼ごはんの後。会議の後。人からイラっとしたことを言われたとき。
今まで喫煙していた時間、ひたすら吸いたい気持ちをごまかしていました。

仕事中も落ち着かなくて、ミント系のタブレットを食べまくってました。1粒、2粒、3粒と一度に食べる量も増えていき、あっという間に一箱無くなりましたが、タバコを吸うよりマシだと思いました。


今まで喫煙に使っていた時間をどうしてつぶしていいのか分からず、手持ち無沙汰感に押しつぶされそうでした。

まるで耐久レースですが、このとき自分に言い続けていた言葉は
「とりあえず24時間をなんとしてでも乗り越える。」

もう携帯の待ち受けにしようかと思ったくらい、頭の中でリフレインしました。

とにかく自分をごまかす。これが大事です。

ごまかしてごまかしてごまかす。

ある種の催眠療法みたいに自分に言い聞かせます。

そしてようやく24時間が経過。

なんとか最初の壁を乗り越えられました。

 

 

一瞬の隙をつかれた

第一段階はクリアしましたが、次の壁が越えられませんでした。

禁煙2日目についに来ました「あれ?タバコ吸わないの?」攻撃。
正直甘く見ていました。こんなに破壊力のある攻撃があったなんて。

仕事中、上司に喫煙室に呼び出され、そこで仕事の話をされました。禁煙していることは上司は知りません。今までと同じようにタバコ吸いながら話をしようと思ったのでしょう。

喫煙室でいつまでもタバコを吸わない僕を見ての一言。そしてもうタバコ差し出してる。


あ、


一瞬の隙をつかれて魔が差してしまいました。

そこからはもう意志がほころび始め、残っていたタバコを瞬く間に吸い切ってしまいました。

 

そこに通りかかる「やめる宣言」した女性先輩社員さん…

 

「やってしまった…」
一瞬後悔しました。

ですが禁煙出来なかった自分を責めることはしませんでした。これでようやく失敗した原因がわかったからです。次からはその原因をつぶしていけば、絶対にやめられると思えたんです。

せっかく始めた禁煙をここで終わらせるのはもったいない。

 

失敗した原因

やめる宣言したあと、喫煙グッズを捨てなかった

宣言しておきながら、スパッと捨てられなかったのは、まだ未練があったから。

喫煙グッズがあるのとないのでは、禁煙に対するハードルがかなり違います。やめる宣言直後は、やはり喫煙グッズを捨てなければいけません。これはかなり勇気のいることです。そこは思い切って捨てましょう。もう捨てました。タバコがなければ吸えないのですから、まずは吸えない環境づくりが大事です。
新たに一式そろえるハードルが上がり、結果禁煙できる自分に近づきやすくなります。


自分に対してはごまかせたが、喫煙組への対処が甘かった

なぜあの時ホイホイ喫煙室についていったのだろう。仕事の話なら、別の場所でもできるじゃないか。いくら上司でも「ここで話してもらっていいですか」と一言言えばそれで済む。

そんで偶然のいたずら。
あとはサキさんの記事の通り、ひたすらごまかし続ける。自分も周りの喫煙組に対しても。

 

再度挑戦中

そんなこんなで現在も禁煙続行中です。もうすぐ丸2日が経過します。まだまだ油断は禁物ですが、絶対にできると信じて、自分をごまかし続けたいと思います。

 

冒頭で紹介したサキさんの禁煙方法を、実行すれば絶対に禁煙できると信じてます。

今回は僕の意志や環境が、たまたまうまく噛み合なかっただけ。(いいわけ)
失敗した原因を改善して、今も禁煙続行中です。

禁煙に失敗しても、落ち込む必要はないです。

再び吸い始めてしまったとしても、ふと気が向いたらもう一回挑戦してみましょう。
うまくいかなかった経験が、次に役立つかもしれません。

って禁煙初心者の僕が偉そうにいえることじゃないんですけど。

そのチャレンジ精神を僕は尊敬しています!
一緒に頑張りましょう!

 

広告を非表示にする