光の中へ出ていこう

自分が関心を持ったことの記録

気分は千年の都?簡単手作り『水無月』の作り方!

 
前回の記事で、自分で自分のご飯を作ることの楽しさを覚えてしまいました。

silverado8228.hatenablog.com

 

次は何をつくろうか。
 

 

そこで思い出したのが、この記事で紹介した「水無月」

silverado8228.hatenablog.com

 

f:id:silverado8228:20150628222721j:plain

この小豆の乗った和菓子です。
お義母さんが作ってくれる手作り水無月。
これが美味しいんですよ!お茶請けにピッタリです!
 
というわけで、今回は水無月に挑戦だ!!
 

水無月とは

菓子の用語「水無月」

 

630日は水無月を食べる日です。京都では1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。

この「夏越祓」に用いられるのが、6月の和菓子の代表ともいうべき「水無月」です。水無月は白の外郎生地に小豆をのせ、三角形に包丁された菓子ですが、それぞれに意味がこめられています。水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。 

6月30日に食べるお菓子なんですね。知りませんでした。
イメージとしては「夏のお菓子」なので、この時期でもギリギリ大丈夫だと思います。
無病息災を祈願して、食べたい時に食べる!
 
 
さっそく作ります。
 
 

材料

小麦粉 50g
砂糖 40g
水 150cc
空の500mlの牛乳パック 1個
好きな甘納豆 好きなだけ

f:id:silverado8228:20150724142300j:image

牛乳パックは中身を全部飲んでしっかり洗います。
口は片方だけ空いた状態で大丈夫です。
 
 

1、混ぜる

小麦粉、水、砂糖をボウルにいれて、しっかりかき混ぜます。
ダマがなくなるまでしっかり混ぜましょう。
f:id:silverado8228:20150724142307j:image
まぜまぜ〜まぜまぜ〜
 
 

2、牛乳パックに甘納豆をいれる。

写真のように、口が開いている方を上にして横向きに寝かせて、脇をハサミなどで切り開きます。全部切らないように注意!
f:id:silverado8228:20150724142357j:image
 
開いたら、甘納豆を好きなだけ入れる。
f:id:silverado8228:20150724142407j:image
 
 

3、上から1で混ぜた材料を流し込む

「これ、全部入るのか?」と思いますが、大丈夫です。
ゆっくり流し込みましょう。
f:id:silverado8228:20150724142416j:image
 
 

4、ガムテープでフタをする

口が開かないように、ガムテープで固定します。
f:id:silverado8228:20150724142425j:image
高校の文化祭を思い出します。
 
 

5、電子レンジで加熱!

500Wで4分、加熱します。
f:id:silverado8228:20150724142432j:image
大きくなって帰ってくるんだよ。
 
 

6、あら熱を取って、冷蔵庫で冷やす。

f:id:silverado8228:20150724142450j:image
 
 

7、牛乳パックを切りはずし、完成!

f:id:silverado8228:20150724145712j:plain

 

ん、見た目がなんか違う(笑)

さっそく食べてみよう!

 

 

 

 

 

美味しい〜!!

 

 

 

 

手作りでここまで上品な甘さが出せるとは!

抹茶が飲みたくなってきました。

 

砂糖を黒砂糖にしたり生地に抹茶を混ぜると、茶色や緑色の水無月が作れます。見た目にも変化があっていいかも。

今回は甘納豆を使いましたが、小豆の缶詰でも良さそうです。

小豆が苦手な人は、甘納豆なしでも十分楽しめます。見た目白い羊羹みたいになります。ウチは

 

 

水無月を食べて、これからも無病息災!頑張っていきましょう〜!

 

 

広告を非表示にする